アディックギャラリー
ホーム > アディックギャラリー

住空間に生まれ変わった納屋

氷見市脇方  S様邸

もともと納屋として使われていた建物を住居に改装しました。基礎や構造材の使用できるものは残して新たに住空間として必要な工事を施し、そこに水廻りに加え薪ストーブを設置してアディックデザインの空間に一新しました。今回は大工工事を叔父さんに依頼。そもそもこの納屋を建てたのも叔父さんで、建築当時から熟知しているからで、施主自身も参加しての共同作業した思い入れ深い作品となった。

敷地面積:138坪
延床面積:30.49坪
竣工年月:平成21年8月
家族構成:夫婦、子1人




ページトップへ