ブログ: お知らせ : 床下エアコンの取り付け
ホーム > ブログ > お知らせ > 床下エアコンの取り付け

お知らせ

2019年10月07日 11:48

床下エアコンの取り付け

少し朝晩が冷えるようになりました!

やっと暑かった春からの異常な気象とお別れでしょうか。

 

今月お引渡しのお住まいに、先日家具を搬入してきました。

ちょうどその時にエアコン屋さんが床下エアコンの取り付けを行っていました。

 

torituke1.jpg

低い場所での取り付けだから、もしかして楽かな?

 

torituke2.jpg

エアコンが付くと、テレビボードを据え付けします。

 

torituke3.jpg

 

torituke4.jpg

エアコンと家具の隙間に断熱材をギュッと押し込み、エアコンの空気のショートターンを

防ぐようにすることがミソです。

 

torituke5.jpg

引き戸とガラリを入れて完成です。

 

kannsei.jpg

こんな感じで仕上がります。

 

ここで「床下エアコン暖房システム」のおさらいをしましょう!

なぜ、この方法が良いのか?

1 冬場の暖房時、床下を暖め、床材を暖めての床暖(輻射暖房)なので、空気を動かさない暖房方法と言うこと。

この方法は、ダニ・カビ・ホコリをまき上げない暖房方法です。

空気の質が非常にきれいと言うことが最も大事なポイント!お年寄りと子供に大変やさしい!

2 長時間家族が集まる1階が、一番暖かく、気持ちいいと言うこと。

ちなみに2階は1階のマイナス2度ほどで、勉強したり、寝ることを考えるとこれもまた適温です。

3 べた基礎の暑いコンクリートに蓄熱するので、温度変化が少なく、寒い冬中快適であること。

4 熱源(エアコン)が、熱効率が一番高いエアコンであるということ。つまり、維持費も安いのです。暖房時、月額で7000円程度が目安です。もちろん24時間連続運転で。

5 単純、シンプルであるということ。将来壊れても、単純なので修復が非常に楽です。

 

良いことが一杯ですね。

基本は厚板の無垢材で住まい造りをしている工務店がこの方法に適した工務店なんです。

 

ただ、流行だけで、お客様からのリクエストだけでやったら、最悪なんです。

いくつか注意点を。

1 床に合板を使う住まいでは使用してはいけません。合板に使われた接着剤が暖められて、吸ってはいけない有害なガスが部屋中に蔓延したら大変なことに成ります。

2 シロアリが入ってこない施工上の工夫が必要です。

 

ようやく寒くなりつつあり、モデルハウスでお客様に床下エアコン暖房の素晴らしさをお伝えすることが出来る季節に成りました。

毎週末、上冨居のアピタ東店南のモデルハウス「バンガール」で、このエアコン暖房をご体感下さい!!!

お待ちしております。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.adc-home.com/_mt/mt-tb.cgi/606

コメントする

Archives
Recent Entry
ページトップへ